【茨城県】ここは市街地?森林フィールドで高規格キャンプ。アメリカンテイストで遊びごころに溢れたフォンテーヌの森CAMP&BBQ1992を徹底取材。2022年冬、夏。最新情報も追記。ツーリングソロキャンパーの体験ブログ。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992。ソロベース設営の様子。 キャンプ場情報
フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992。ソロベース設営の様子。

茨城県つくば市。

ここは市街地にある林間キャンプ場。

一歩踏み入れるとアメリカンテイストな建物や看板、緑豊かな森林サイト。

アメリカナイズな雰囲気

管理棟をはじめ、喫茶店、ビリヤード場が立ち並ぶDining Gardenを町と例えるなら、

Dining Garden

Camp Gardenは森の中。

Camp Garden

巨大な船やボートが無造作に置かれている。さながら海賊の難破船を思い起こさせる。

プレジデント号。こんなところに船が?なぜ?
ボートが無造作に置かれ、謎めく雰囲気を醸している。

子供たちは謎のお面を見つける宝探し。私は薪を拾い集める宝探し。

謎のお面

さながらトムソーヤの世界に入り込んだような錯覚になる。

冒険心をかきたてられる雰囲気とコト体験が味わえる場所。

市街地にあることをすっかり忘れさせる異空間キャンプ場がつくばにあった。

バイクソロで利用したフォンテーヌの森キャンプ場を徹底レポートする。

ネギライダー 見参!

当記事は2022年2月の様子を主に紹介しております。
※2022年7月更新内容:緑字箇所

スポンサーリンク
  1. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992の魅力 楽しさいっぱい!誰もが楽しめる自遊空間!
    1. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992の魅力 アクセスが良い
    2. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992の魅力 充実した高規格施設
    3. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992の魅力 プライベート感ある区画割
    4. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992の魅力 公認!薪が拾い放題
    5. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992の魅力 ネギ無料放出。
    6. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992の魅力 充実したアクティビティ
    7. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992の魅力 家族、友人、ひとり、ペットと一緒でも楽しめる
  2. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 予約はどうする?
  3. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 基本データ
  4. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 場内散策
    1. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 場内MAP
    2. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 場内散策の様子
  5. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 サイトの種類 WT? AT? CC? とは
  6. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 各サイトの様子
    1. 【Camp Garden】A:ウォークインテントサイトのみのエリア ウォークインテントサイトWT-R?WT-D?の違いとは
    2. 【Camp Garden】B:場内中央にある平面エリア
    3. 【Camp Garden】C:高低差があるビューエリア
    4. 【Camp Garden】D:最奥に広がる森林エリア
    5. 【第二フィールド】E:キャンピングカー専用サイト
  7. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 地面の様子
  8. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 ツーリングソロキャンパーによるおススメサイト3選
    1. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 おススメサイト1選目 W-03
    2. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 おススメサイト2選目 A-29
    3. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 おススメサイト3選目 A-27
  9. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 施設の様子
    1. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 管理棟
    2. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 水場
    3. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 トイレ
    4. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 炭捨て場
    5. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 ゴミ捨て場
    6. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 シャワー&風呂
    7. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 その他施設
  10. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 A-29を利用したツーリングソロキャンプの一日
  11. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 キャンプの後の立ち寄りグルメ 『まこと食堂』でカレーラーメン
  12. (更新情報)進化を続けるフォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 2022年2月と7月の違い
    1. バーカウンター新設
    2. ハンバーガーショップ新設
    3. サイト地面が土から砂へ
    4. (進行中)森のトリデに池を施工中
    5. ソロサイト専用区画が登場?マップがリニューアル。
  13. フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 まとめ ツーリングソロキャンパーとしての感想

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992の魅力 楽しさいっぱい!誰もが楽しめる自遊空間!

  • アクセスよし、買い出しの利便性が高い立地
  • 高規格施設、防犯対策もバッチリ
  • 区画割がしっかりしている
  • 薪が無料で拾い放題!
  • おまけにネギも、もらい放題!!※時期により異なる
  • 充実したアクティビティ
  • ファミリー、グループ、ソロキャンプ、ペットとも楽しめる環境

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992の魅力 アクセスが良い

常磐自動車道、桜土浦から約17kmとキャンプ場までのアクセスが良い

また国道354号、国道6号に近く、スーパー、ホームセンター、百円ショップ等々、買い出しに利便性が高い立地にある。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992の魅力 充実した高規格施設

トイレ内観の様子

ウォシュレット付トイレ、炊事場に一部お湯の使用可、場内ほぼ網羅したWi-Fiが使える高規格施設

炊事場にコンセントあり。ACなしサイトでも急場しのぎに嬉しい設備。

炊事場にあるコンセント口。

監視カメラあり、防犯対策もバッチリ安心。

Wi-Fiと防犯カメラ

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992の魅力 プライベート感ある区画割

手前からA-13、A-15、A-16

サイトの様子は後術にて紹介するが、比較的広め

隣同士になってもプライベート感が保たれるよう区画割がしっかり考えられていると感じた。

画像は場内唯一、両隣を挟まれるA-13、A-15。広いので工夫次第で視界を避けられる。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992の魅力 公認!薪が拾い放題

玉切りされた型のよい木材がごろごろ(生木)

売っている薪もあるが、場内に落ちている木は自由に使ってよいとのこと。

場内の木を伐採した無料薪置き場が常設してあるのも嬉しい。

ご自由にお取りくださいコーナー

場内を探すと玉切りされた木材がごろごろ転がっている。(生木だが。)

太めの生木も油圧式の薪割機で割ることができる。(無料)

油圧式の薪割機で太い生木も楽にメキメキと割れる

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992の魅力 ネギ無料放出。

ネギ ご自由にどうぞコーナー

管理棟内。

運が良ければこんな嬉しいイベントもあり。

早い者勝ち。節度をもっていただこう。

※2022年2月、3月はありましたが、20227月はありませんでした。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992の魅力 充実したアクティビティ

ビリヤード場

アクティビティはバランススクーターやフリスビー、バドミントンの貸し出しをはじめ、
バスケットゴール、トランポリン、宝探し、ボルダリング、ビリヤード場まである。

森林で子供たちがバランススクーターに興じる姿が印象的。

バランススクーター

イベントも定期的に各種行っており、一日中遊べる空間がある。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992の魅力 家族、友人、ひとり、ペットと一緒でも楽しめる

2サイトずつ隣合ったサイトが多く、ファミリー同士や複数グループでキャンプが楽しめそうだ。

総じてファミリー向けの趣が強いが、バイクソロキャンパー目線での評価も高い。
なんとソロの場合、サイト料金半額というのが嬉しい。

ゴミは通常有料回収だが、車以外(バイク、自転車、徒歩)無料引き取りをしてくれる。

ドッグランもあるのでペットと一緒にキャンプもできる。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 予約はどうする?

予約はフォンテーヌの森Camp&BBQサイトからnet予約。約3か月先まで予約できる。

また空きがあれば電話予約、飛び込みの受け入れも可とのこと。

フォンテーヌの森 Camp&BBQ 1992 H.P 予約サイトhttps://reserve.489ban.net/client/fontaine-no-mori/0/plan/availability/room/#content

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 基本データ

訪問年月2022年2月,3月,7月
名称フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992公式サイト
場所〒305-0022 茨城県つくば市吉瀬1247−1029-857-2468
業態公営㈱田園プラン
ロケーション林間
サイト2エリア Camp Garden、第二フィールド 
区画/オート区画/AC付/水場付
土    硬 □□☑□□ 柔
サイト規模大規模71区画 ※内4区画準備中
営業期間通年水曜、年末年始 休場
予約方法H.P or 電話
in / out13:00~17:00/~11:00
料金(利用プラン)計 3,050円※バイク1台、テント1張、1名
オートインテントサイトレギュラーを利用
  (内訳)駐車料金込 
入場料550円(700円/人-150円)
※Wild-1カード提示で150円引き
利用料2,500円(5000円-50%) 
※ソロ割50%OFF
受付受付時間 9:00~17:00
売店 あり販売品豊富
レンタル あり各種あり
一束600円/カゴ1,500円/チビ薪300円
※針葉樹(広葉樹の場合もあり)
※場内の薪拾い公認OK
設備トイレ:5棟水洗・洋式 ウォシュレット付
風呂:あり/シャワー:あり家族風呂 1,000円/30分
シャワー 800円/30分
炊事場:4棟 水場:1カ所 Dinning Gardenにひとつだけお湯
炭捨て場:4カ所
その他施設BBQ場、ビリヤード、バスケットゴール、トランポリン、ボルダリング、遊具、他
ごみ有料回収45ℓごみ袋3種/300円 ※車以外は無料
直火の可否不可
薪の調達状況易 ☑□□□□ 難
電波状況良好※au Wi-Fiあり
客層(主観)ソロ □□□☑□ ファミリー
害虫・害獣なし※聞き込み情報  
管理棟までの路面状況駐車場まで舗装道。
サイト内路面状況舗装道※Camp Garden、No50からは舗装なし。
買い出しスーパーマーケットカスミ フードスクエア 学園店 約3.1km
コンビニセブン-イレブン つくば花園店 約3.0km
スポンサーリンク

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 場内散策

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992を散策した様子を画像でたどってみる。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 場内MAP

引用元:キャンプ&BBQ | フォンテーヌの森 | つくば市 施設マップ-map-

※フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992様より使用許可を得て掲載しております。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 場内散策の様子

桜土浦IC方面から入場、場内をくまなく散策した様子を紹介する。

MAPで確認できるよう①~63まで番号を付けた。
以下掲載する画像の番号が上記MAP上の番号場所で撮影した風景である。

散策する気分で参考にしてほしい。

①桜土浦IC方向から並木道を抜け、キャンプ場が現れた。受付を目指す。
②大きなS字カーブを進む。
③カーブを抜けると第二フィールドが右手に現れた。
④一時停止の標識を左へ曲がる。
⑤まっすぐに続く道。
➅駐車場が左手に現れる。
➅駐車場到着。
⑦駐車場から受付へ急ぐ。
⑧管理棟外観。受付を済ませる。
⑨管理棟前の通り。ちょっと先まで行ってみよう。
⑩車止めがおいてある。確認してよかった。
⑦駐車場へ戻り、いざフィールドへ!
⑪駐車場をでて十字路を左へ入る。
⑫こちらがキャンプ場入り口。
⑫木の看板がお出迎え。
⑬まっすぐ行くと⑩の車両通行止め。車両は右方向へ進む。
⑭デラックスBBQルームの裏側を通る。
⑮右手にウォークインテントサイトが見えてくる。
⑯車両は左側通行。※追加画像。
⑰キャンプサイトへ続く道。
⑱こちらはキャビン専用駐車場。
⑲本日のサイト、A-29に到着!いい感じのロケーションだ。
⑳さて、場内散策。まずは高規格サイトから。
⑳このあたりはAC電源+専用水場付きのサイトが並ぶ。
㉑こちらの並びまでAC電源付きサイト。
㉒左側にトレーラーが現れた。行ってみる。
㉓トレーラーのコンテナが並ぶ。鋭意開拓中とのこと。
㉔A-11からA-15までの並び。
㉕手前からA-13、A-15、A-16。向こう側とのサイトの間に盛土がされている。
㉖このエリア中央にある水場。
㉗平面で広い区画が多かった。違うエリアへ向かう。
㉘奥のエリアへ。ここまで舗装道。
㉙景色のよいサイトが多そうだ。
㉚A-50。①で撮影した場所が見える。
㉛奥のサイト全貌。
㉜右がA-67、左がA-63。間の道を進む。
㉝奥まできた。A-56の前。この先はどうなっているのか。
㉞黒い防草シートと第二フィールドが見えた。黒いシートは只今制作中のブルーベリー園とのこと。
㉟A-57。サイトの真ん中に木がある。
㊱こちらのエリアにもAC電源付きサイトがある。
㊱視線を移して㉛と反対側からの様子。
㊲道がある。何があるのか?
㊳抜け道かな?
㊴こちらのエリアの水場&トイレ。
㊵裏にドッグランがあった。
㊶来た道を戻る。木で囲まれたサイトが多く雰囲気が良い。
㊷この先、左にもサイトが広がっていたので行ってみる。
㊸思ったより勾配がある坂道を下る。
㊹A-30、A-31。斜面に拓けた立地で見晴らしが良さそう。
㊺A-33。角なのでプライベート感がある。
㊻A-34からの風景。芝生広場が見える。
㊼右手奥に最下段のサイトが並ぶ。
㊼ちなみに振り返るとこのような斜度。バイクは注意!
㊽手前がA-37、奥がA-38。
㊾左に池が現れ、この先は雰囲気のよい林の道。
㊾階段がある。上ってみよう。
㊿キャビンビレッジへの導線となっていたようだ。もと来た階段を戻る。
51 沼沿いを歩く。
52 右カーブ。この先はどうなっているか。
53 カーブを曲がる。※追加画像。
54 ベンチがあった。池があり良いロケーション。※追加画像。
55 階段を上る。※追加画像。
56 二段目の階段。※追加画像。
56 ここからの眺めがよかった。※追加画像。
57 ウォークインテントサイトに出た。
58 W-03。景色が良いサイト。
59 コテージが並ぶ。
60 風呂、シャワーのところに出た。
61 さっきの芝生広場を反対側に行ってみよう。
㊸この道、歩いていても結構急坂。
㊼ 芝生広場のほうへ行ってみる。
62 芝生広場。この先まで行って終わりにするか。
63 ①の位置にでました。散策は以上!お疲れさまでした。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 サイトの種類 WT? AT? CC? とは

サイトの種類が多く、一見してわかりづらいが、大きく分けると基本的に以下3点。

  • WT:ウォークインテントサイト(サイト内車両駐車不可)
  • AT :オートインテントサイト(オートサイト)
  • CC :キャンピングカーサイト(キャンピングカーオートサイト)


オートインテントサイトにAC電源、専用水場が付くとそれぞれ値段が変動する。

【AT-R:オートインテントサイトレギュラー(オートサイト)】 5,000円


【AT-A:オートインテントサイト(オートサイト+AC電源付)】6,000円


【AT-W:オートインテントサイト(オートサイト+AC電源&専用水場付)】6,500円

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 各サイトの様子

キャンプ場が定めるキャンプエリアは大きく分けて2エリア

メインとなるCamp Gardenと、公道を挟んだ東端にある第二フィールド


Camp Gardenは広い。

ここでは特徴が異なるA~Dの4つに分割、第二フィールドはEとして紹介したい。

引用元:キャンプ&BBQ | フォンテーヌの森 | つくば市 施設マップ-map-

A:【Camp Garden】ウォークインテントサイトのみのエリア
B:【Camp Garden】場内中央にある平面エリア
C:【Camp Garden】高低差があるビューエリア
D:【Camp Garden】最奥に広がる森林エリア
E:【第二フィールド】キャンピングカー専用サイト

【Camp Garden】A:ウォークインテントサイトのみのエリア ウォークインテントサイトWT-R?WT-D?の違いとは

【Camp Garden】A:ウォークインテントサイトのみのエリア

ウォークインテントサイトは、場内で一番格安に利用できる

荷卸Pに駐車しサイトまで荷車で運搬。
車はその後、場外の駐車場へ駐車。

P
パーキングの様子。

故にWalk in Tent サイト。

数は少なく、3サイトのみ。

内訳はWT-Rがひとつ、WT-Dが二つ。

さて、WT-RとWT-Dの違いとは?

  • WT-R:テーブルなし 3,500円
  • WT-D:テーブルあり 4,000円

テーブルのあり、なしで金額が異なる。

テーブル付だと+500円。

WT-D:テーブルあり

最安のサイトはWT-Rひとつのみ

WT-R:テーブルなし

ロケーションは沼を手前に自然あふれるロケーション。

ウォークインテントサイトからの眺め

受付に最も近く、施設利用の利便性が高い

Dinning Gardenにある唯一のお湯が使えるのもポイントが高い。

【Camp Garden】B:場内中央にある平面エリア

【Camp Garden】B:場内中央にある平面エリア

キャンプ場のメインサイト。炊事場を中心に広がる平面立地

オートインサイト、オートインサイト(AC付)、オートインサイト(AC、専用水場付)と種類も豊富

Dinning Gardenに比較的近く、ファミリー層に人気。

【Camp Garden】C:高低差があるビューエリア

【Camp Garden】C:高低差があるビューエリア

オートインサイトのみ

Dエリアへ続く道を境とし、斜面を切り崩したようにサイトが展開する。

高低差があるため前を遮るテントの影響が少なく、プライベート感が高い

キャンプ場の抜け感が味わえるロケーションの良いサイトが多い

珠玉のサイトの宝庫である。

No.36~39は最下層に位置し、目の前に沼が見える。

【Camp Garden】D:最奥に広がる森林エリア

【Camp Garden】D:サイト最奥に広がる森林エリア

Camp Gardenの奥に位置する、もうひとつのメインサイト。

オートインサイト、オートインサイト(AC付)がある。

No.50~No.55までは周りが木で囲まれたサイトが多いのが特徴。

No.50~No.55。周りが木で囲まれたサイト。

Bエリアがファミリー向けと例えるなら、Dエリアは視界を遮る独特の区画があり
グループキャンプに適した雰囲気

また、炊事場(トイレ)裏にドッグランがあり、ペット連れのキャンパーにもおススメ

【第二フィールド】E:キャンピングカー専用サイト

Camp Gardenと公道を挟んで独立している『離れ』ともとれる立地。

サイト数は3つ。

一番高額なサイト。
占有面積は広い。 水場、AC電源付き。

第二フィールド キャンピングカー専用サイト。サイトが広い。
第二フィールド キャンピングカー専用サイト。専用炊事場、AC電源完備。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 地面の様子

A-29サイトの地面の様子

今回利用したA-29サイトの地面の様子。

土で程よい固さがある。アルミペグでも問題なさそうだ。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 ツーリングソロキャンパーによるおススメサイト3選

ここではツーリングソロキャンパー目線で、おススメサイトを独断で紹介する。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 おススメサイト1選目 W-03

W-03。2月の様子。
W-03。7月の様子。

なんといっても安いロケーションが良い、場内最西端にあり唯一夕日が見れる場所。

ウォークインテントサイトの中でも、テーブルがない分、最安値で利用できる。

場内で唯一夕日が見れる最西端の場所にある。川面がピンクに染まって綺麗。

ウォークインテントサイトであるが、バイクであればサイト内搬入可とのこと。
バイクキャンパーの特権が味わえる。

サイト内への段差の様子。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 おススメサイト2選目 A-29

A-29

唯一の独立サイト

プライベート感あり景観良し施設利用良しの三方良し。

サイトから南西方向。池が見える。
サイトから南東方向。高低差がある一番上に位置し抜け感がある眺望。

バイクを路肩に駐輪でき、サイトをより広く使えるのが利点。※大型車だと道にはみ出す

バイクにちょうど良い駐輪場所。
駐輪と設営イメージ。

トイレ、水場、炭捨て場が道を隔てて隣にあり便利。

すぐ近くにトイレ、炊事場、炭捨て場あり。
A-29、7月の様子。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 おススメサイト3選目 A-27

A-27 2月の様子。
A-27 7月の様子。

サイトが広い見晴らし良し施設近くて便利

2つの小さめサイトが乙字型にひとつになった、面白い区画のサイト。

片方に駐車し片方に設営。またはソログルキャンプに良いと思った。

A-27眺望。2月の様子。
A-27眺望。7月の様子。

スポンサーリンク

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 施設の様子

玄関口のDINNING GARDENには受付をはじめ、BBQ場、喫茶店、水場、トイレ、風呂・シャワー棟、アクティビティ施設等が集約。

各エリアには水場、トイレ、炭捨て場がほどよく割り当てられている。

場内はWi-Fiが網羅され、監視カメラがあり防犯対策がとられている。

Wi-Fi

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 管理棟

案内板
管理棟外観

管理棟を入ると広い受付がある。2組は同時に受付できそう。

受付

各種クレジットカードや電子決済が可能。

クレジットカード、電子決済の種類。

以下のカードで大人150円引き、子供100円引きとなるので少しお得に利用できる
※1件につき6名まで。

割引になる提携カード。
  • イオンカード
  • JTBベネフィット
  • JAF
  • 茨城キッズ
  • WILD-1
  • くるま旅

販売品、レンタルが豊富。
センスのよいキャンプギアも取りそろえている。

管理棟内販売品。

オリジナルグッズあり。


キャンステが手軽な価格で販売されていた。

キャンステの他、オリジナルマッチ等が陳列されていた。

薪は受付と通路反対側にある休憩室においてある。

1束600円。チビ薪1束300円。カゴ1,500円。

薪、料金表。

油圧式の薪割機、キンドリングクラッカーとハンマーが置いてあり、薪割りを楽しむことができる。

油圧式の薪割機。
キンドリングクラッカーとハンマー。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 水場

調理台がないので『水場』と表現しているようだ。

場内は主に4カ所。

DINNING GARDEN、エリアB、エリアC、エリアDに各1カ所ずつ。

DINNING GARDEN水場。調理台があるのでここだけ炊事場の趣が強い。

場内唯一、DINNING GARDENにはお湯が使える蛇口が一つだけある

DINNING GARDEN水場。唯一の給湯蛇口。
エリアBの水場。鏡があり、洗面やコンタクトの着脱に便利。
エリアBの水場。こちらにコンセント口を発見。
エリアCの水場。トイレ、炭捨て場が一カ所に集約されている。
エリアDの水場。トイレが一体となっている。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 トイレ

トイレは場内4カ所。

DINNING GARDENと第二フィールドは独立トイレ。
エリアC、エリアDは水場併設トイレ。
また、DINNING GARDENはベビーベッドが付いたバリアフリートイレがある。

DINNING GARDENのバリアフリートイレ。ベビーベッドがある。
エリアC、トイレ内観。

トイレは水洗、ウォシュレット付き。綺麗に清掃されており清潔感がある。

エリアD、トイレ内観。嬉しいウォシュレット付き。

第二フィールドのみ水洗、洋式。ウォシュレット付ではない。

第二フィールド、トイレ外観。
第二フィールド、トイレ内観。

トイレの扉がからくり仕掛けになっており、自動的にドアが閉まるように設計されている。
こんなところにも遊びごころが垣間見える。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 炭捨て場

炭捨て場

炭捨て場は主に4カ所。

DINNING GARDEN、エリアC、エリアD、第二フィールドにある。

DINNING GARDENの炭捨て場
第二フィールド、炭捨て場。

エリアC、Dにある炭捨て場はドラム缶をおしゃれにあしらったデザインが良い。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 ゴミ捨て場

ゴミ捨て場

ゴミは有料回収。

指定ゴミ袋を300円で購入し、捨てる際は各種分別しスタッフに廃棄委託する。
※持参の袋でもOKだが、量に応じて精算が必要になる。

車以外(バイク、自転車、電車)は嬉しいことに無料。
ツーリングキャンパーには嬉しい対応。

ゴミ捨て場は管理棟裏手、駐車場側にある。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 シャワー&風呂

シャワー室と家族風呂は隣同士。

シャワーは30分、800円。

家族風呂は30分、1,000円

料金表

シャワーも風呂場も天井が高く陽が入り、解放感がある雰囲気。

天井が高く、陽の光が入る。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 その他施設

水場、トイレ等、基本施設の他、様々な施設が充実している。

BBQができるDINNING GARDEN、デラックスルーム、喫茶店をはじめ、

アクティビティ施設として、ビリヤード場、バスケットゴール、ドッグラン、アスレチックやボルダリングが楽しめる森のトリデがある。

BBQレギュラー会場
BBQデラックス会場
喫茶店 現在はハンバーガーショップ
ビリヤード場
トランポリン&バスケットゴール。ボールは受付で借りることができる。
森のトリデ

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 A-29を利用したツーリングソロキャンプの一日

A-29設営の様子

2022年2月。初めて訪れた。

サイトが多く、どこがいいのか迷ってしまう。

『バイクだったらA-29がおススメですよー』とはスタッフさん。

即決でA-29の利用を決定。

サイトにきてなるほど、と思った。

斜面の一番上に位置し、見晴らしがよい。

路肩にちょうどバイクが止められるスペースがあり、その分サイトスペースを広く使うことができた。

バイクにちょうどよい駐輪スペース。
見晴らしがよい。

さて設営も完了し、待ちに待った腹ごしらえ。

牛久の業務スーパーで見つけた『ガチ盛りチキンカツ三昧』。
チキンカツがぎっしり飯の上に敷き詰められている。

なんと税込み289円!!破格の安さ。

業務スーパー牛久店で発見!
ガチ盛りチキンカツ三昧。税込み289円!

いったいどのくらいはいってるのだ?積み上げてみた。

ガチ盛りの真骨頂

とてもではないが食べきれない(汗)。

こいつは半分食べて夜食兼にしようと思う。

こちらのキャンプ場、薪の販売はあるが、落ちてる薪は自由に使ってよいむしろ使ってください!とのこと。

場内を探すと玉切りされたほどよい大きさの薪がごろごろ落ちている。

なんて楽しいのだ。子供が夢中で昆虫採集をするように、夢中で薪を集めた。

また受付にネギの『ご自由にどうぞ』コーナーがあり、無料でネギをゲット!
ネギライダーの心をたぎらせるサービスに感謝しきりである。

拾った薪ともらったネギ。

荷物を抑えるツーリングキャンパーには嬉しい現地調達!

贅沢な焚き火が楽しめそうだ♪

夕方、辺り一面ピンクがかる。

夕方の場内を彷徨う。

こちらのサイトは南向き。夕陽を求め、場内を彷徨う。

キャンプ場最西端、ウォークインテントサイトW-03が夕日が見える絶好のロケーションだった。

ウォークインテントサイトW-03から見る池面に映る夕陽。

池に映る鮮やかな夕日がとてもきれい。

夜が来る。大量の薪で焚火祭りに興じる。

思う存分焚き火ができる贅沢。

そしてネギ祭り。
スタッフさんおススメはネギの丸焼き。

ネギをただ炙る。
焦げた皮がつるっと向け、なかはホクホクの白い身体が現れた。

ネギの丸焼き、野趣味溢れたスタイル。そのままでも甘くてうまい!

昼のガチ盛りチキンカツも、夜は焚き火で再加熱。

いつまでも続くチキンカツ三昧。

ひとつの弁当で昼、夜食べれるボリウム感。

良いツマミとなりました。

充実した夜を過ごした。

もうなにも思い残すことはない。

11:00 OUTなので、朝はのんびり過ごす。

朝日がまばゆい。

覚悟を決めて撤収。

とても充実したキャンプを楽しむことができた。

撤収の儀。
名残惜しくもキャンプ場を後にする。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 キャンプの後の立ち寄りグルメ 『まこと食堂』でカレーラーメン

まこと食堂

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992からバイクで3分。
デカ盛りコスパランチで有名な店がある。

その名も『まこと食堂』

タンメンが有名とのことなのだが、キャンプでのカレーロスからカレーラーメンをチョイスした。

カレーラーメン。700円。

しっかりカレーでなかなかの辛さ。

麺をすすってライスを投入。なんとスープカレーに早変わり。

カレーラーメンにライスを投入。スープカレーに早変わり。

個人的には麺よりライスのほうが好みであった。

おなかいっぱい、大満足。

こちらのお店、行列ができる人気店とのこと。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992から近いので機会があれば利用したい。

【まこと食堂】
〒305-0041
茨城県つくば市上広岡482-7 ※日曜定休日

(更新情報)進化を続けるフォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 2022年2月と7月の違い

2020年2月に初訪問。7月に再訪問したらこの短い期間に大変貌をとげていた。

当記事は2022年2月を元に作成しているが、

2月の状況と比較し、7月訪問時に発見した新しくなったこと、また進行中案件、
要点となる計5点をピックアップする。

  • バーカウンター新設
  • ハンバーガーショップ新設
  • サイト地面が土のみから砂へ。
  • 森のトリデに池ができる?
  • ソロサイト新設?マップが新しくなっていた。

バーカウンター新設

バーカウンター

受付奥に突如バーカウンターが新設されていた。

ビール、カキ氷等が楽しめる。

ハンバーガーショップ新設

ハンバーガーショップ

ビリヤード場とデラックスBBQの真ん中がハンバーガーショップに様変わり。

以前はビールやアイスクリームを販売するところであった。

元の様子。(2022年2月)

元あった喫茶メニューはバーカウンターへ移り、
本格バーガーを楽しめる場所に変貌を遂げていた。

肉を感じる贅沢バーガー。
現メニュー一覧。

サイト地面が土から砂へ

砂になった地面の様子。画像はA-09サイト。

以前の地面は土であったが、小粒の白い砂がサイトに撒かれていた。

落とし物や忘れ物も見つかりやすなりそうである。

(進行中)森のトリデに池を施工中

施工中の池

森のトリデとウォークインテントサイトの間に池を施工中とのこと。

出来上がるのが楽しみである。

ソロサイト専用区画が登場?マップがリニューアル。

引用元:キャンプ&BBQ | フォンテーヌの森 | つくば市 施設マップ-map-

ソロサイト専用区画が5つ登場

マップ上に5つの青いサイトが現れた。名前は『AT-S』。

No.32、52、53、54、55。

サイト自体は変わらないが、元々他のサイトと比べると小さかったため、
ソロキャンパーが楽しめる場所にしよう
とのお話。

料金は未定とのこと。(2022年7月)

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992 まとめ ツーリングソロキャンパーとしての感想

キャンプ場の良し悪しは第一印象で決まる。

そして一日中遊べるフィールド、キャンパーの質、一晩過ごしてまた来てみたいかを考える。

ここは全てが満たされる場所であった。

スタッフの気さくで柔軟な応対力、施設一つ一つをとってもキャンパーに対する細やかな気配りが感じられた。

キャンプを純粋に楽しんでも良し、豊富なアクティビティを楽しんでも良し。一日いても飽きの来ないフィールド。

キャンパーの質も良く、夜は静かに過ごすことができた。

総じてファミリー層の印象が強いが、ソロキャンパーにも手厚いサービスが満載。

サイト料半額、ゴミ無料引き取りがそれにあたる。

2月に初利用しこちらのキャンプ場がとても気に入った。

その後3月、7月とリピート利用したが、この短い間に新施設の登場やソロキャンプ区画計画等、進化を続けるフォンテーヌの森CAMP&BBQ1992。来るたびに新しい発見がある。

バーカウンターは一日で完成したそうだ。

ハンバーガーショップは、「ハンバーガーが作りたいから」というスタッフの声で作られたらしい。

企画力、機敏な行動力がこちらのキャンプ場の根底にあると感じた。

運営するスタッフのわくわく感が伝わるから、こちらも楽しくなるのだろうと思う。

これからどう変貌を遂げるかも楽しみのひとつ。

家族で、グループで、ソロでもペット連れでも、全てのキャンパーが楽しめる空間がつくばの市外地にあった。

フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992キャンステ一覧。

最後に、
快く取材に応じてくださったスタッフの方々のご厚意に心から謝意を表します。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました